北海道教育オーディオロジー研究協議会
 

令和2年度 冬季研修会の中止について

令和2年9月1日(火)

 令和2年度北海道教育オーディオロジー研究協議会冬季研修会につきましては令和3年1月6日(水)に予定しておりましたが、未だに収束しないコロナ禍の状況を鑑み、中止することといたしました。

 本研修会は中止となりましたが、今夏の関東教育オーディオロジー研究協議会が主催している「オンライン講座」の方法と同様に、年明けに予定されていました上級講座もオンラインで開催することが決定しました。
 こちらにつきましては、詳細が分かり次第、ご連絡いたします。
 

令和2年度 夏季研修会の中止について

令和2年6月8日(月)

令和2年度北海道教育オーディオロジー研究協議会夏季研修会につきまして、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、今年度は中止することといたしました。
なお、令和2年度冬季研修会につきましては現時点では令和3年1月6日(水)に予定しております。詳細につきましては、後日ご連絡いたします。
 

令和元年度冬季講習会の様子について

令和2年2月14日(金)

令和元年度冬季講習会の様子を掲載いたしました。
冬季講習会の様子はこちらです。

講習会を実施するにあたって不行き届きの点が多々あったかとございますが、参加して頂いた皆様のご協力のもと有意義な講習会を開催することができました。ありがとうございました。
 

令和元年度冬季講習会アンケート結果について

令和2年2月4日(火)

令和元年度冬季講習会アンケート結果および情報保障に関するアンケート結果を掲載いたしました。
令和元年度冬季講習会アンケート結果についてはこちらです。
令和元年度冬季講習会情報保障に関するアンケート結果についてはこちらです。

皆様から頂いたアンケートをもとに今後の講習会等を運営させていただきたいと思います。多くの貴重なご意見等ありがとうございました。
 

令和元年度冬季講習会会計報告について

令和2年2月4日(火)

令和元年度冬季講習会会計報告について掲載いたしました。
令和元年度冬季講習会会計報告はこちらです。
 

令和元年度冬季講習会予算について

令和2年1月4日(土)

令和元年度冬季講習会予算について掲載いたしました。
令和元年度冬季講習会予算書はこちらです。
 

令和元年度 冬季講習会講座資料の閲覧用パスワードについて

令和元年度12月21日(土)

令和元年度 北海道教育オーディオロジー研究協議会 冬季講習会の講座資料パスワードについて参加申込者に連絡先メールアドレス宛にご連絡いたしました。もしも、パスワードが届いていない場合はお手数ですが事務局までご連絡ください。
 

令和元年度 冬季講習会講座資料の掲載について

令和元年12月17日(火)
(※12月23日(月) 講座3の資料を掲載いたしました)
(※12月29日(日) 講座5 ㈱オーティコン様の資料を差し替えました)

令和元年度 北海道教育オーディオロジー研究協議会 冬季講習会の講座資料を掲載いたしました。

※申込者には、PDF閲覧用のパスワードを後日送付します。もしも、パスワードが届かない場合はお手数ですが事務局までご連絡ください。また、資料の購入希望を出していない方の分の資料はこちらで準備いたしませんので、タブレットやノートパソコン等にダウンロードするか印刷するなどして、それぞれご準備いただきますようお願いいたします。

  【講座1・2】『発音・発語の評価と指導』
         『デジタル補聴器,人工内耳の時代における発音・発語指導の意義』
   講 師:元筑波大学附属聾学校(自立活動/発音・発語担当)主幹教諭 板橋 安人 氏
   講座1・2の資料はこちらです。(44ページ)

  【講座3】 『日々の会話に役立つ教育オーディオロジー①』    
   講 師:元札幌市立中央小学校 きこえの教室 教諭 池田 寛 氏
   講座3の資料はこちらです。 (8ページ)

  【講座4】 『新スクの意義と教育への期待』
   講 師:とも耳鼻科クリニック 院長 新谷 朋子 氏
   講座4の資料はこちらです。(100スライド)

  【講座5】 『補聴器の最新機種の紹介と最近の動向』
   出展企業:㈱オーティコン,ソノヴァ・ジャパン㈱,リオン㈱,ワイデックス㈱
   ㈱オーティコン様の資料はこちらです。(13スライド)
   ソノヴァ・ジャパン㈱様の資料はこちらです。(26スライド)
   リオン㈱様の資料はこちらです。(17スライド)
   ワイデックス㈱様の資料はこちらです。(6スライド)
 

令和元年度 冬季講習会について

令和元年10月18日(金)
(※10月25日(金)講師の方について情報を追記しました)
(※12月 2日(月)申し込みフォームを変更いたしました)

令和元年度 北海道教育オーディオロジー研究協議会 冬季講習会の開催要項を掲載いたしました。

冬季講習会の開催要項はこちらです。

講習会の概要は以下の通りです。

1 日時 令和2年1月9日(木)9:00~16:30

2 会場 北海道札幌聾学校 体育館
  〒001-0026 札幌市北区北26条西12丁目
 (駐車場に限りがあるため、できる限り公共交通機関をご利用ください)

3 【講座1・2】『発音・発語の評価と指導』
         『デジタル補聴器,人工内耳の時代における発音・発語指導の意義』
   講 師:元筑波大学附属聾学校(自立活動/発音・発語担当)主幹教諭 板橋 安人 氏

◎板橋先生は,以下のよう図書の著者で,発音・発語においては第一人者です。現在は,現場は離れていらっしゃいますが,この機会に北海道にお呼びすることができて,大変嬉しく思います。

「聴覚障害児の発音・発語学習」
http://www.choukaku.com/syoseki/itabashi.htm
「聴覚障害児の話ことばを育てる」
https://www.amazon.co.jp/聴覚障害児の話ことばを育てる-板橋安人/dp/4863712588
「発音・発語学習のための教材の見方,扱い方の視点」
http://www.deaf-s.tsukuba.ac.jp/repository/Bulletin2013/kiyou2013-14

  【講座3】 『日々の会話に役立つ教育オーディオロジー①』    
   講 師:元札幌市立中央小学校 きこえの教室 教諭 池田 寛 氏

◎池田先生は,札幌市内のきこえの教室で30年以上教鞭をとっていらっしゃった大ベテランです。難聴児の教育や環境づくりに従事されてきて,今も「さっぽろきこえの相談ネットワークを作る会」の幹事会代表をお勤めになっていらっしゃいます。
http://kodomonokikoe.net/
※こちらの図書は,講習会当日,割引価格で販売します。http://kodomonokikoe.net/aboutus?id=book


  【講座4】 『新スクの意義と教育への期待』
   講 師:とも耳鼻科クリニック 院長 新谷 朋子 氏

◎新谷先生は,札幌医科大学やこどもっくるで勤務経験があり,今は独立されて「とも耳鼻科クリニック」の院長でいらっしゃいます。道内で資格所有者はわずかしかいない臨床遺伝専門医の資格もお持ちのほか,札幌の新生児聴覚スクリーニングに係る検討委員会にも参加されています。
http://tomo-ent.com/message.html

  【講座5】 『補聴器の最新機種の紹介と最近の動向』
   出展企業:㈱オーティコン,ソノヴァ・ジャパン㈱,リオン㈱,ワイデックス㈱

4 その他
  情報保障:手話と文字による情報保障を用意します(予定)
  参 加 費:3,000:円<学生1,000円>(道外から講師を招くため)
  懇親会も予定しております。
  
  多くの方のご参加、お待ちしております。
 

2019年度 会計報告について(夏)

令和元年9月24日(10月13日一部訂正しました。)
2019年度 北海道教育オーディオロジー研究協議会 夏季講習会にかかわる会計報告を掲載しました。
会計報告はこちらです